2着目半額商法では買っても買わなくても損することになる

2着目半額商法という物の売り方がある。

1着目は定価で売り、2着目を購入した場合は2着目は半額で売るという売り方のことだ。全国チェーン展開する紳士服店や靴屋でこの売り方を確認することができる。消費者にとっては2着目を半額で売ってもらえるというのはありがたいことではある。

2着目半額商品を買った場合

「半額」というパワーワードは消費者の購買意欲をかき立てるが、お得だと思って2着目を買えばそれは損である。

というのも、実際に2着も同時に購入する必要に迫られることは非常に少ないからだ。当初の買い物予算を超えて無理して「そのときは必要のない2着目」を買ってしまえば、着用する機会がないまま時が経ち、必要となったときには流行遅れとなってしまう。すると2着目は着ることもなくタンスの肥やしになり、結果的に、2着目購入代金分損したことになる。

特に、2着目半額商法の筆頭である紳士服業界では、高頻度でスーツやワイシャツなどでの流行を新たに定義している。定義された流行の中には大して流行りもせずに廃れてしまうものもある。数年後も流行り続けているかわからない高額商品を2つも買うのは消費者にとってリスクが高い。

つまり、半額という言葉に踊らされた買い方では損になる。2着目半額商法をしているお店で買うときは今2着必要なのかを改めて自分に問いかけなければならない。もちろん、購入時点で2着必要なときは2着目半額商品を買った方がお得になるので買うべきだろう。

2着目半額商品を買わなかった場合

一方で、2着目を買わずに帰っても損をする。2着目半額商法で買わない選択をした場合は、

  • お得な商品を買う機会を逃した
  • 本来ならもっと安く買えるはずの1着目を割高価格で買わされた

という購買体験を消費者はすることになる。たとえ1着目がどれだけ気に入った商品であっても、この心残りは買い物後もしばらく続いてしまう。商品が高額であればあるほどこの感覚は強くなる。買うか買わないかは客の自由となっているところが、お店のせいにできない分なおさら酷である。

購買体験は買い物の満足度に大きく影響する。接客態度が悪い店員から商品を買えば満足度が下がるように、印象の悪い売り方に従って買えば満足度は下がるのである。

1着目から安く売ってほしいと思うが、そうもいかないのだろうか。妙な売り方に傾倒するのはそろそろやめてもらいたい。消費者の購買体験と真摯に向き合った売り方への転換が望まれるばかりだ。