Webコンテンツの質を高めるために検討すべき5つのこと

STUDY ライティング

コンテンツの質がGoogleの検索順位に大きく影響するようになり、より良質なコンテンツをつくることがコンテンツ作成者により強く求められるようになりました。

しかし、Googleが質が高いと評価するコンテンツをつくる必要があるというわけではありません。これはコンテンツのユーザーが求めている(評価する)コンテンツを追及すれば、検索順位が自然と上がることを本質的には意味しています。

では、ユーザーが求めている良質なコンテンツとはどのようなコンテンツでしょうか。

本記事では、ユーザーが評価する良質なコンテンツを提供することを目的として、Webコンテンツの質を高めるために検討すべきことを紹介します。

1. 事実を正確に深く掘り下げているか

Googleも検索アルゴリズムの評価項目として言及していますが、事実を正確に深く掘り下げて書かれているコンテンツはユーザーから高く評価されます。一般化して言えば、「信頼性と専門性がある」ということです。

事実であることをより強く示すためには、信頼できる情報源からの適切な引用が効果的です。専門性を高めるためには、そのページだけでユーザーが求めていた情報を得ることができるように書きます。

2. 論理的で分かりやすい文章になっているか

ユーザーはそのコンテンツが自分自身が求めていたものかどうかできるかぎりすぐに判断したいと考えます。パッと見て読みにくいと感じればそのコンテンツをユーザーは読まなくなります。

そのため、文章に中見出しや小見出しを付けながら読みやすいように論理的な文章構成づくりをすることが大切です。長文になる場合は、目次を付けるとさらに親切です。

中見出しや小見出しの付け方も重要です。各見出しを読めば見出しに続く文章内容がある程度想像できるようにします。可能であれば、各見出しの示すセクションの冒頭にその見出しセクションで「言いたいこと」や「結論」を述べるとさらに分かりやすくなります。

また、分かりやすい文章にするためには専門用語の多用を避け、平易な表現で書くことも必要になってきます。もしどうしても専門用語を使わなくてはならないときは、必ず用語の注釈を付けるようにしてください。

3. ユーザーの役に立っているか

コンテンツ作成の基本ですが、だれかの役に立つことを意識してコンテンツをつくることも大切です。

ユーザーが抱える悩みや問題を解決する内容であれば、料理のレシピのように解決手順を順序立てて説明する構成にするとユーザーがコンテンツを役立てやすくなります。図解したものをコンテンツに含めることもときには必要になります。

4. 何らかのアクションをユーザーが起こせるか

コンテンツはつくり方を工夫することで何らかの行動をユーザーに誘導することができます。コンテンツを読んで誘導したアクションをユーザーが起こそうとしたときに、そのアクションを起こすことができるようにコンテンツに工夫を加えます。

例えば、ソーシャルボタンをWeb記事下につけて簡単にコンテンツをシェアできるようにしたり、ダウンロードボタンを設けて関連資料をダウンロードできるようにしたりなどです。

5. ユーザーを楽しませる要素があるか

必須ではありませんが、ユーザーを楽しませる要素がある方が質の評価に良い結果をもたらすことがよくあります。

営業マンの営業トークでもいきなり本題に入るよりもある程度ツカミの話をして場をあたためてから本題に入った方が受け入れられやすいのと同じ原理です。

冗談を言う必要はありません。冒頭文に工夫をこらす程度の娯楽的要素がほんの少しあれば十分です。ただし、話の腰を折るようなタイミングで娯楽的要素を入れるのは逆効果になりかねないので注意です。

まとめ

質が高いコンテンツはGoogleの検索アルゴリズムがコンテンツ重視になったことで今後さらに増加します。ユーザーの検索意図を正しく汲んでユーザーに良質なコンテンツを提供することが一層重視されるようになります。

コンテンツ作成に費やす時間と労力はこれまでよりも多くなりますが、より良いコンテンツ作りを心掛けて真摯に取り組んでいきたいところです。